守口門真青年会議所 事業報告

当ページでは、各事業の報告、委員会や例会の報告、議事録を随時更新しています。

2016年度 実行委員会日程表
    • 第01 回委員会 2016 年01 月07 日(木)
    • 第02 回委員会 2016 年02 月04 日(木)
    • 第03 回委員会 2016 年03 月03 日(木)
    • 第04 回委員会 2016 年04 月07 日(木)
    • 第05 回委員会 2016 年05 月09 日(月)
    • 第06 回委員会 2016 年06 月09 日(木)
    • 第07 回委員会 2016 年07 月07 日(木)
2016年度 委員会日程表

※会員拡大委員会、希望あふれるまち子供委員会 、総務委員会全て同日の開催です。

  • 第01 回委員会 2016 年01 月12 日(火)
  • 第02 回委員会 2016 年02 月09 日(火)
  • 第03 回委員会 2016 年03 月08 日(火)
  • 第04 回委員会 2016 年04 月12 日(火)
  • 第05 回委員会 2016 年05 月10 日(火)
  • 第06 回委員会 2016 年06 月14 日(火)
  • 第07 回委員会 2016 年07 月12 日(火)
  • 第08 回委員会 2016 年08 月09 日(火)
  • 第09 回委員会 2016 年09 月06 日(火)
  • 第10 回委員会 2016 年10 月11 日(火)
  • 第11 回委員会 2016 年11 月08 日(火)
  • 第12 回委員会 2016 年12 月13 日(火)
2016年例会日程

※コンテンツ製作中

 

会員拡大委員会 委員会方針

「会員拡大」とは、JCIが発足して以来、唯一変わらない継続事業で、当委員会では、全メンバーの担いとなっている会員拡大を、愛と情熱をもって率先して行い、入会後には交流を深め、希望と活気に満ち溢れたまちを、ともに創造することができる仲間を増やして参ります。

 

そのためにも、2 月度例会では、全メンバーへあらゆる拡大の手法を学んで頂き、さらに拡大への意識を増幅するような働きかけを致します。

 

次に、4 月度例会では、メンバーは勿論の事、入会希望者にも学びを得てもらい、「JCの魅力」、「守口門真青年会議所の魅力」、そして「メンバーの人としての魅力」を伝えていきます。

 

そして、10月度例会では、新入会員中心の例会を行い、新入会員同士のきずなを深め、愛と情熱をもって共にJC活動ができる仲間を育みます。

 

各ブース出展では、メンバー同士の交流を深めると共に、各地会員会議所のメンバーとも交流を深めるよう努め、委員会メンバーが楽しくJC活動を行えるように、まずはメンバー間の交流を深め、強い絆や思いやる心を養い、守口門真青年会議所を笑顔の絶えない魅力あふれるLOMにして参ります。

 

そして、多くの人に守口門真青年会議所に入会したいと思ってもらい、新入会員と同じ志を持って活動することで、家族のような強い絆が築いて参ります。

守口門真青年会議所の15 周年に向けて、LOMの発展、次代を担う人材発掘、育成を継続し、拡大運動を行う礎にするためにも、2016 年度は50名の会員拡大を必ず行います。

 

 

希望あふれるまち子供委員会

「希望と活気に満ち溢れたまち」を創造する為には、「まちの未来に希望を持ち続け、子供たちが未来に夢を持つ事が重要」だと考えます。

 

希望あふれるまち子供委員会では、まちの未来に目を向けた新たな事業を展開し、無限の可能性を秘めた子供たちに様々な経験ができる機会を提供します。

 

そのため、新年交歓会においては、行政や各種団体の方々に、JC 活動のご協力をお願いするとともに、交流を深める場とし、3 月度例会では、メンバーが地域で起こる犯罪や交通事故の現状を把握し、変化する交通ルールを学び、理解を深めます。

 

交通ルールを把握する事で、子供たちが交通事故や犯罪に巻き込まれないために必要な「交通安全啓発事業」を行います。

 

次に、8 月度例会では、メンバーが地域の未来の為に、どの様に関わっていくかを改めて考えて頂く機会にします。選挙教育事業では、若者を対象に選挙プログラムを実施し、選挙の重要性を認識して頂くと共に、投票率向上に繋げます。

 

その他にも、春と秋の献血事業、交通安全運動に率先して参加し、対外へのJC運動を発信いたします。

 

最後に、11 月度例会では、地域の方々とメンバーがまちの未来に目を向け、共に希望あふれる活気あるまちを創造する事業を行います。

 

1 年間を通し、行政や各種団体との連携を強化し、活気に満ち溢れたまちの創造と、希望に満ち溢れた子供たちの育成に繋がる活動をいたします。

 

 

総務委員会

総務広報委員会は、委員会としての担いを個々が自覚し、メンバーの活動を支えながら、組織強化に取り組 むとともに、「活気ある LOMにするため、自らの意識変革」を図ります。

 

まずは、各委員会に各種会議の参加を含め、期限やルールの遵守をしていただき、円滑なLOM運営を支えるとともに、青年会議所の活動内容や事業目的の発信を、市民の方々に広く知っていただけるよう積極的に活動して参ります。

 

その第一歩となる総会では、守口門真青年会議所の最高決定機関である「総会の意義」や「重要性」をメンバーに伝えると共に、積極的に動員を行い、総会への参加を促します。

 

9月度例会では、報道や広報媒体を活用したLOMの発信力強化を図る例会を行います。そして、最後の12月度例会(卒業式)では、沢山の方々に参加頂ける、記憶に残る式典を行います。

 

また、対内対外に向けて、発信力のある効果的な手法をメンバーとともに学び、一人でも多くの市民の方々に青年会議所の日々の活動と存在意義を、ホームページをはじめとする広報媒体を有効活用しながら、情報発信してまいります。

 

これらの活動を通じて、総務広報委員会では、市民が集う活気に満ち溢れた魅力あるまちの創造に向けての組織構築と発信を委員会メンバーが一丸となって、実現してまいります。

 

 

渉外担当理事

守口門真青年会議所が、地域に必要とされ影響力のある組織になるためには、各地の運動や事業から地域を想う情熱と人を、おもいやる心の大切さをメンバーが体感し、青年としての可能性を考え行動することが重要です。

 

色々な交流の機会を受け入れ、人や地域と触れ合いJCの強い絆を感じとり、一人ひとりが地域に必要とされるリーダーになることから組織の活性化がはじまります。 

 

まずは、京都会議を始めとする各地・各大会で行われるフォーラム、事業、大会、たからいちなどを通じて、JAYCEEとしての誇りや責任感を実際に体感してもらえる機会だと伝え、積極的に参加して頂きます。

 

そして、各事業に参加することで、各地会員会議所のメンバーと交流を重ね、LOM内の事業だけではなく、JCIのスケールメリットが活かされた活動に接することによって、一人でも多くのメンバーに感動をあたえ、JCの魅力を感じ、「おもいやりの心」を再認識してもらい、一人ひとりに青年としての可能性を感じて頂きます。

 

色々な体験を通じて、JCの運動を実感し、各地での絆を手に入れたメンバーが、自身の意識変革を図り、JAYCEEとしての誇りと、責任感をもち、おもいやりの心がまちへと伝播し、明るい豊かなまちを創造できる地域のリーダーとしての気概を手に入れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 1月24日 (火) ホテルアゴーラ大阪守口にて2017年度 新年…
  2. 平成29年01月24日 (火)  ホテル・アゴーラ大阪守口で定時総会を行い、厳粛な空気の中で審議案件…

関連リンク先

JCI JCIK JCIO JCIMKS moriguchi kadoma hirakata neyagawa katano sijyou daito manilena

ページ上部へ戻る